2017年09月30日

我が家でも稲刈りをしました。

ようやく稲刈りが始まった泉区福岡です。

天気の良い日にしか稲刈りはできませんので、毎日天気予報とにらめっこをしていましたが、昨日コンバインを出しました。

前の日の雨で少し作業が遅れましたが、天気も良かったので我が家でも稲を刈りました。








おまけに親戚の伯父さん二人も手伝いにきてくれて、コンバイン2台で稲刈りをしました。

午前中は晴れ間もあったのですが、午後からは曇りの天気に・・・・・・・・。

ボクは下の田んぼから稲を刈って行き、伯父さんは上の田んぼから始めてもらいました。

我が家のコンバインは320に対して伯父さんのコンバインは334ですのでスピードがぜんぜん違いました。








でも午後からは稲も乾いてきて、まずまずのコンディションの中コンバインを走らせました。

最初は自家用の飯米分を刈り、後からはJA仙台に出荷する分を刈りました。

JA仙台に出荷をするには、専用のスタンドバッグに入れて出荷をしますので、根白石のカントリーエレベーターにスタンドバッグを取りに行ってから作業をしました。





JA仙台に出荷をするスタンドバッグには稲籾が750kg入りますので、運搬をする軽トラックも苦しそうです。

我が泉区福岡地区にはカントリーエレベーターがありますので、生の籾での出荷をしています。





今年の出荷は、750kg入るスタンドバッグを4袋出荷をしました。





自宅とJA仙台カントリーエレベーターの往復も4回もしましたので結構時間もかかりましたが、無事に今年の稲刈りも終わりました。

最後の出荷を終えて自宅に帰る頃は夕暮れになっていました。





稲刈り後の田んぼを見て周り写真を撮ってきました。





田んぼの土手の林の中には、自然のまま育っている「あけび」の実を見つけました。





皮が割れてきましたので、もう食べごろです。

中の白い部分が透き通ってくるととても甘くなって美味しいですよ。(もうすぐですね)





楽しみをひとつ見つけて喜ぶ稲作農家えっちゃんでした。

明日は乾燥機からの米出し作業が待っていますので、がんばりたいと思います。



  


Posted by えっちゃん at 01:08Comments(9)農作業

2017年09月23日

今年も最後の草刈りがんばっています。

今年も稲刈りが始まる時期になってきた泉区福岡です。

台風も無事に行ってしまい助かっている稲作農家えっちゃんです。

被害も少なく、稲刈りを待つだけとなっています。

今のうちに草刈りをしておこうと毎日少しずつがんばっています。





我が家の土手も高いところがあり草刈りに時間がかかりますが、あわてないでのんびり草を刈っています。





この間も急な土手を刈りました。

高さはおよそ3メートルと少し、刈り払い機が届きませんので腰を曲げたり伸ばしたりしてなんとか草を刈り終えました。





草を刈った土手はとても気持ちよさそうでした。





台風後の天気は晴れ間も続き、稲穂にとっては風も吹き、良く乾きそうです。








イノシシの被害が少ない一番上の田んぼと真ん中の田んぼはだいぶよくなってきました。








8月の長雨で生育が心配されましたが、この天気が良い日が続くととても助かります。

稲刈りまで太陽の日差しがあるといいなぁと思う稲作農家えっちゃんでした。



  
タグ :草刈り


Posted by えっちゃん at 11:23Comments(3)農作業

2017年09月07日

今年は農業共済被害届を出しました。

今年の夏は雨が続いたせいで、生育も遅れた他に病気にもかかってしまい困った稲作農家えっちゃんです。

今年の泉区福岡地区は、どこの農家さんも同じように「いもち病」や「イノシシ」の被害に悩まされているとの事・・・・・。

我が家も同じように被害が出ましたので「農業共済被害届」を出してみました。

9月5日まで出してねと言われましたので、期日までに届出を終了しました。

上から順に立て札を田んぼに立ててきました。

わざわざ棒を買うのも面倒なので、山に行ってきて竹を取ってきて、手ごろな長さに切った竹で札を取り付けました。





一番上の水田から立て札を立ててきましたが、稲穂に黒くなったところがありましたので「いもち病」の被害を書きました。





イノシシの被害はわずかですので書きませんでした。

次に、真ん中の水田に行き、立て札を立てました。





ここも、黒くなったところや白く枯れてしまったようなところも見えましたので「いもち病」を書きました。





また「イノシシ」の被害も所々見えましたので「イノシシ被害」と書きました。





最後に一番下の水田ですが、だいぶ「イノシシ」に入られてしまいました。

田んぼの中でイノシシが運動会をしたように、倒れていました。これは「ショック」でがっかりしました。












稲穂も黒くなったところもありましたので、「いもち病」と「イノシシ被害」と書きました。









立て札を立て終わったら、イノシシ対策として電気柵を回す作業をしました。

今年の作柄はあまりよくありませんが、これ以上イノシシの被害は避けたいと思い、頑張って作業をしました。

もう少し様子を見ながら、頑張る稲作農家えっちゃんでした。



  


Posted by えっちゃん at 20:16Comments(3)農作業

2017年09月02日

今年も「カメムシ」防除をしてあげました。

夏を通り越して秋になっている泉区福岡です。

この頃、夜はすっかり寒くなっている我が家です。

先日、天気の晴れ間を見つけて、カメムシの殺虫剤を田んぼに散布してあげました。

稲刈り前の最後の防除剤散布です。

今年の稲の生育もあまりよくないけど、毎年散布をしているので今年も行いました。

散布したのは「ダントツH粉剤DL」と言う殺虫剤です。

8月~9月は稲の穂に「カメムシ」が大量に付くので稲刈り前に散布をするのです。

散布の時期は農家さんによって異なりますが、稲刈り21日前までの散布ですので今の時期に我が家は行いました。

動墳機を出して、混合油を作りいざ作業開始。

マスクの準備よし、軽トラックに積んで田んぼに出発しました。

散布中は白い粉が充満しているので写真は取れませんでしたが、作業が終わってから写真を撮りました。





一袋に3キログラム入っていて、水田10アール当たり3キログラム~4キログラムの散布が目安です。

我が家では3キログラムを目安に散布してあげました。





次々と散布をしましたので空の袋がいっぱいになりました。





動墳機は重いので結構汗が出てきますので、作業後はシャワーと衣類の洗濯をしました。

今年も無事に「カメムシ」防除作業ができてホッとしている稲作農家えっちゃんでした。  


Posted by えっちゃん at 17:02Comments(3)農作業