スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2017年09月30日

我が家でも稲刈りをしました。

ようやく稲刈りが始まった泉区福岡です。

天気の良い日にしか稲刈りはできませんので、毎日天気予報とにらめっこをしていましたが、昨日コンバインを出しました。

前の日の雨で少し作業が遅れましたが、天気も良かったので我が家でも稲を刈りました。








おまけに親戚の伯父さん二人も手伝いにきてくれて、コンバイン2台で稲刈りをしました。

午前中は晴れ間もあったのですが、午後からは曇りの天気に・・・・・・・・。

ボクは下の田んぼから稲を刈って行き、伯父さんは上の田んぼから始めてもらいました。

我が家のコンバインは320に対して伯父さんのコンバインは334ですのでスピードがぜんぜん違いました。








でも午後からは稲も乾いてきて、まずまずのコンディションの中コンバインを走らせました。

最初は自家用の飯米分を刈り、後からはJA仙台に出荷する分を刈りました。

JA仙台に出荷をするには、専用のスタンドバッグに入れて出荷をしますので、根白石のカントリーエレベーターにスタンドバッグを取りに行ってから作業をしました。





JA仙台に出荷をするスタンドバッグには稲籾が750kg入りますので、運搬をする軽トラックも苦しそうです。

我が泉区福岡地区にはカントリーエレベーターがありますので、生の籾での出荷をしています。





今年の出荷は、750kg入るスタンドバッグを4袋出荷をしました。





自宅とJA仙台カントリーエレベーターの往復も4回もしましたので結構時間もかかりましたが、無事に今年の稲刈りも終わりました。

最後の出荷を終えて自宅に帰る頃は夕暮れになっていました。





稲刈り後の田んぼを見て周り写真を撮ってきました。





田んぼの土手の林の中には、自然のまま育っている「あけび」の実を見つけました。





皮が割れてきましたので、もう食べごろです。

中の白い部分が透き通ってくるととても甘くなって美味しいですよ。(もうすぐですね)





楽しみをひとつ見つけて喜ぶ稲作農家えっちゃんでした。

明日は乾燥機からの米出し作業が待っていますので、がんばりたいと思います。



  


Posted by えっちゃん at 01:08Comments(9)農作業