スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2017年09月07日

今年は農業共済被害届を出しました。

今年の夏は雨が続いたせいで、生育も遅れた他に病気にもかかってしまい困った稲作農家えっちゃんです。

今年の泉区福岡地区は、どこの農家さんも同じように「いもち病」や「イノシシ」の被害に悩まされているとの事・・・・・。

我が家も同じように被害が出ましたので「農業共済被害届」を出してみました。

9月5日まで出してねと言われましたので、期日までに届出を終了しました。

上から順に立て札を田んぼに立ててきました。

わざわざ棒を買うのも面倒なので、山に行ってきて竹を取ってきて、手ごろな長さに切った竹で札を取り付けました。





一番上の水田から立て札を立ててきましたが、稲穂に黒くなったところがありましたので「いもち病」の被害を書きました。





イノシシの被害はわずかですので書きませんでした。

次に、真ん中の水田に行き、立て札を立てました。





ここも、黒くなったところや白く枯れてしまったようなところも見えましたので「いもち病」を書きました。





また「イノシシ」の被害も所々見えましたので「イノシシ被害」と書きました。





最後に一番下の水田ですが、だいぶ「イノシシ」に入られてしまいました。

田んぼの中でイノシシが運動会をしたように、倒れていました。これは「ショック」でがっかりしました。












稲穂も黒くなったところもありましたので、「いもち病」と「イノシシ被害」と書きました。









立て札を立て終わったら、イノシシ対策として電気柵を回す作業をしました。

今年の作柄はあまりよくありませんが、これ以上イノシシの被害は避けたいと思い、頑張って作業をしました。

もう少し様子を見ながら、頑張る稲作農家えっちゃんでした。



  


Posted by えっちゃん at 20:16Comments(3)農作業