スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2016年12月12日

栗の木&柿の木も枝を切ってあげました。

今日は雪になった泉区福岡です。

雪が降る前にとがんばって栗と柿の木も枝を切ってあげました。

プラムの木と同じように、今年は丹波栗の木と中国の柿の木も熊に枝をへし折られてしまいました。

どちらも食べる事ができませんでした。

熊に「このヤロー・・・・」と独り言を言っても無駄でした。

対策は来年考えるとして、まずは折られた枝をきれいに払ってあげました。

最初は 柿の木からはじめました。





この柿は中国の柿を親父が植えていたのですが、今年は熊が幹によじ登り食べたので太い枝も折られてしましました。

まだ爪あとも残っていたのでカメラに収めました。





端っこの方は登っても届きませんので脚立をはしご代わりに使って枝を切ってあげました。






次に隣に植えていた栗の木も枝を切ってあげました。

上の方に折った枝を溜め込んでいたのできれいに取ってあげました。





こちらも熊がよじ登り食べたのでした。

栗は幹が太いので簡単によじ登ったようです。






端っこの方は届きませんので、栗の木も脚立をはしご代わりに使って切ってあげました。

最後にプラムの木と同じように防腐剤を塗ってあげました。






また来年も花が咲くといいなぁ。

これからはもう少し剪定の技術も勉強しなくては・・・・と思う稲作農家えっちゃんでした。

今年は熊も食べる餌が少ないらしく冬眠が遅いと聞きましたので十分注意しましょう。



  

Posted by えっちゃん at 17:18Comments(2)農作業