2016年11月16日

昨日は愛子で研修会がありました。

昨日の11月15日は宮城県主催の「中山間地域の研修会」が愛子でありました。

会長と会計さんと私、えっちゃんの庶務係の3名での参加でした。

会場には宮城県全域に住む農業関係の方々がたくさん来ていました。

午後1時30分~午後4時までの間の短い研修会でしたが、皆さん真剣に話しを聞いていました。






去年は都合で参加できませんでしたので、しばらくぶりの研修会になりました。

昨日は日中もとても暖かくて、とても良い研修会になりました。

帰りは、夕暮れも近く冷たい風が吹いていましたので、会長さんが温かい缶コーヒーをご馳走してくれました。

参加された宮城県内の中山間地域協定の皆さん大変お疲れさまでした。

これからも農業にがんばりましょう。

稲作農家えっちゃんでした。

  

Posted by えっちゃん at 11:20Comments(0)農作業

2016年11月04日

昨日は「鷲倉神社」の例大祭がありました。

今年も11月3日に鷲倉神社のお祭りがありました。

毎年例大祭の日は、11月3日になっていて文化の日の祝日にあたりますのでいつも大勢の参拝者が訪れます。

今年は雨の予報だったのですが、何とかにわか雨程度ですみました。(風は強い日でした)

若者頭のえっちゃんも朝早くから集合して、役員さん達と例大祭準備を行いました。

若者頭の人達は、神社本堂の掃除と準備を行います。

まず一番手前の部屋を掃き掃除をして、畳を敷きます。

畳の上に椅子を並べて、大きい提灯を上に掲げます。

次に外に幕を取り付けたり、旗を立てたりして、みんなで協力して行いました。






次に拝殿室に来て、掃き掃除をした後にじゅうたんを敷いたり、宮司さん達の座る椅子を並べたりして準備をしていきます。

次に宮司さん達が到着しましたら、しめ縄に飾る「紙垂(しで)」を付けていきます。

たくさんありますので結構時間がかかります。






一通り掃除や準備が終われば若者頭の中から二名が巫男の役目をするため、着替えをします。

宮司さん経ちも着替えをして、例大祭が始まります。

今年はえっちゃん家の新米「ひとめぼれ」も奉納しましたので、神殿に供えてもらいました。






地区の役員さん達や周辺の神社関係者、小学校の校長先生まで参加をしての大例大祭になりました。

例大祭終了後は、福岡地区に伝わる民族芸能「獅子踊り」と「剣舞」が奉納され、参拝者みんなで楽しむことができました。






御長床の休憩所で小さい宴会が行われ、一日とても良い日になりました。

午後は氏子の皆さんのお宅に鷲倉神社のお札を配りって一日が終わりました。

夜は宴会でお神酒を戴きましたので、嫁さんと二人で飲みました。

関係者のみなさん、今年もお疲れ様でした。

ようやくホッと一息の稲作農家えっちゃんでした。

  


Posted by えっちゃん at 12:18Comments(0)伝統行事