2014年03月24日

「サイネリア」を2つ買ってきたよ。

泉区福岡も少しずつ暖かくなってきている稲作農家えっちゃんです。

今年の寒さはいつもの年より、寒い日が続きますね。

そんな中、嫁さんの働く花屋さんから「サイネリア」を買ってきました。

二つまとめて買うと安いよ。と言うから2鉢1000円で買ってきました。






一つは「紫色」、もう一つは「青色」を買ってきました。






花の名前もわかりませんでしたが、「サイネリア」と書いていたのでようやく覚えました。

毎日家で眺めては癒されております。

寒いのももう少しですね。

もう少しだけ休息できる稲作農家えっちゃんでした。

  

Posted by えっちゃん at 18:04Comments(0)お楽しみ

2014年03月18日

『 イノシシ 』獲ったどぉぉぉぉぉぉぉぉぉ。

時は西暦2014年3月14日、くしくもホワイトデーのこの日事件がおきました。

泉が岳にほど近いえっちゃんの持ち山で、雄のイノシシが罠にかかりました。

数年前に仙台市猟友会の方々にお願いをし、獣用の捕獲器を設置していたのです。

3月だと言うのに雪の残る泉が岳のふもとには緊張感が漂いました。

イノシシの発見は3月13日の午後でしたが、仙台市猟友会のメンバーが揃わず次の3月14日に獲り出す事にしました。

おそるおそる『えっちゃん』も現地に集合し、イノシシの行方を見守りました。






元気いっぱいの野生のイノシシは捕獲器の中で暴れたらしく、泥だらけになっていました。





仙台市猟友会のメンバーがイノシシに近づくと、イノシシは狭いながら捕獲器の中で助走をつけてド~ン、ド~ンと体当たりを繰り返しその野生の力を私達に見せてくれました。





イノシシも悪さをしなければ捕獲器に入らずにすむのになぁ・・・・と思いながら心の中でイノシシに呼びかけました。

イノシシの年齢は4歳から6歳ぐらいと、大人の大きなイノシシとの事。

時間も午前10時をまわった頃、次々に猟友会のメンバーが集まり総勢6名になりました。

イノシシを捕らえるのは猟友会のメンバーでも凄腕のハンターさんで、猟銃を一発・・・・・『ズド~ン』。

山に大きく銃声がこだまし、イノシシは倒れました。

しばらく様子を見ていた猟友会のメンバーは捕獲器の扉を開けて倒れた大きなイノシシを3人がかりで引っ張り出しました。






体重80キロぐらいの大きなイノシシはズルズルと雪の上を引っ張られて行きました。

イノシシの処分は猟友会のメンバーにお願いしましたので、平成イノシシ捕獲大作戦は是にて終了しました。

後片付けも皆さん丁寧で、イノシシの汚した捕獲器周辺を元通りにして、また『餌』を撒き捕獲器を設置してくれました。






改めて思いましたが、野生のイノシシって怖いですね。

皆さんもイノシシに出くわしたら早く逃げてくださいよ。

何事もなかったのようにがんばる稲作農家えっちゃんでした。

  

Posted by えっちゃん at 18:09Comments(0)驚きと興奮

2014年03月12日

青根温泉の『足湯』で温まろう。

震災からもう三年ですね。

昨日は三年前のあの日を思い出しながら一日を過ごしました。

今日は青根温泉の『足湯』のお話しです。

宮城蔵王の山並みの麓にある青根温泉には二つの足湯がありますが、えっちゃんは『朝日の湯』と言うところに行きました。

旅館のとだ家さんからは歩いて2分、雪もあったので滑らないように気をつけて行きました。






着いた時には一組の若いカップルが足湯に浸かっていたので、その隣の足湯から浸かってみました。






手前の方は少しぬるいなぁ・・・・・と言いながら浸かっていたのですが、寒くてお湯の中から足を出すことが出来ませんでした。






少し時間がたったら若いカップルは足湯を離れましたので、隣の足湯に入ってみました。

隣の足湯は熱いくらいのお湯で、ぬるいのと熱いのと二つ備えた足湯だと言う事がわかりました。






熱い方の足湯はとても気持ちよくて、寒い日にはもってこいの足湯でした。

しばらく嫁さんと話しをしながら足湯に浸かっていました。





雪も残る足湯だったのですが、雪が溶けたらまた来たいねと言いながら足湯を後にしました。

春はもうすぐです。

皆さんお互いに元気でがんばりましょう。

稲作農家えっちゃんでした。

  

Posted by えっちゃん at 18:07Comments(0)お楽しみ

2014年03月08日

青根温泉『とだ家』で宿泊ですよ。

また、泉区福岡は雪化粧になりましたよ。

皆さんの地域はいかがですか(・_・?)

今日はこの間、青根温泉に行った時のお話しです。

青根温泉は川崎町の山の奥にある田舎の温泉宿です。

温泉宿のほとんどが家族で経営している小さな旅館しかありません。

そんな、青根温泉の『お山のめぐみ とだ家』さんから今年のお正月年賀状をいただきまして、よく見たら年賀状が宿泊割引券になっていました。

この年賀状を持っていくと1000円の割引と書いてあったのを思い出し、宿泊の予約を入れました。

この時期はまだまだ寒いので、青根温泉の雪は大丈夫かなぁ(´_`?)と心配しつつ出かけてみました。

川崎町のシベールでおやつを買ってから、青根温泉の入り口のローソンで大量に買い物をして向かいました。

ちなみに青根温泉にはお店はなく、買い物は不可能です。

足湯に寄ってから旅館に行こうと嫁さんと相談しながら行ったのですが、これまたすごい雪で家内はビックリしていました。

足湯を断念して、『お山のめぐみ とだ家』さんに少し早めのチェックインをしました。






旅館では年賀状をくれたご主人が待っていてくれて、早速旅館のお風呂に入ることにしました。

小さいですが、内風呂と露天風呂に入り疲れを癒すことができました。

夕食は別会場にて『和食膳』でした。






旅館のご主人からワインのボトルをサービスされて、嫁さんも大変喜んでいました。

お腹もいっぱいになり、部屋でくつろいでいたらいつの間にか寝てしまっていました。

翌朝もお風呂に入ってから、下の別会場で『和食膳』の朝食をいただきました。






たった一泊の温泉旅行でしたが、良い旅になりました。

朝に部屋でくつろいでいたら、雪のためバスが動かなくなり重機でひっぱている光景が見えましたので写真に撮ってきました。

個人所有で重機を使って雪かきをしているようでした。






10時になったので旅館をチェックアウトして、いよいよ足湯に向かいました。

この日は雪も残っていたのですが、まずまずの好天でしたので旅館の駐車場に車を置いて足湯に行きました。

足湯のお話しは次のブログで・・・・・・・・・・・。

どうぞお楽しみに・・・・・・・・・。

稲作農家えっちゃんの青根温泉旅日記でした。

ちなみに、とだ家さんのお風呂はこんな感じのお風呂です。

とだ家さんのホームページから載せました。








  

Posted by えっちゃん at 18:08Comments(0)お楽しみ

2014年03月05日

川崎町の「シベールの杜」は「そば」も食べられますよ。

泉区福岡で稲作農家を営むえっちゃんです。

先日、嫁さんと川崎町の「青根温泉」に向かう途中の事。

嫁さんの大好きな「シベールの杜」を発見し、立ち寄ってみました。

いつも行っている「シベールの杜」はパンと洋菓子のお店なのですが、川崎町にある「シベールの杜」は洋菓子と『そば』のお店でした。






お昼も過ぎてお腹も空いたので、シベールのそばを食べてみる事にしました。

嫁さんは大はしゃぎで喜んでいました。

お店の周りはまだ雪が残っていましたが、早速お店に入ってみました。

御注文は何をしますか?

店員さんがきました。

店員さんもシベールの名札をしていて、ここは宮城県で唯一『そば』を出しているシベールの杜です。と説明してくれました。

何を食べようか迷ったあげく、餅の入ったそばを注文しました。






だしが効いていてとても美味しい『そば』でした。

帰りは、店員さんにシベールのポイントカードありますかと言われて出したところ、ポイントカードに「そば」のマークが二人分乗っていました。

これまた、嫁さん大はしゃぎでこの日は良い一日になりました。

最後に隣の「シベールファクトリー」で洋菓子のおやつを買って温泉に向かいました。

目印のうさぎさんに声をかけて、また来ますねと独り言・・・・・・・・。

まだ雪が残り、寒い地域ですが目印のうさぎさんは笑顔で見送ってくれました。





ここのうさぎさんはクッキーをたくさん持っていましたよ。

ピンクのスカーフも良く似合っていますよ。

お腹もいっぱい、心もいっぱい、良い温泉旅行になりそうです。

青根温泉はもうすぐです、次回は雪の埋もれた『青根温泉』のお話しです。

それでは・・・・・・。

稲作農家えっちゃんでした。


  

Posted by えっちゃん at 18:04Comments(1)食べ物

2014年03月03日

可愛い「ひな人形」は秋保にありました。

最近何かと忙しい稲作農家えっちゃんです。

早いもので今日は3月3日ひな祭りの日ですね。

親父の老人ホームの申し込みやら、親戚の葬儀やらですっかり休みをなくしてしまい最近ブログの更新も思うように出来ませんでした。

残すところは、確定申告だけとなりました。

そんな中、少しの休日を利用して「秋保の里センター」に出かけてみました。

「手作りおひな様展」が開催していると新聞で見て、行ってみることにしました。

一番気に入ったのが子供達( 近くの保育園児 )が作った手作りひな人形でした。






ひとりひとり、違ったひな人形の可愛い顔、疲れが吹っ飛ぶようなとても癒される可愛い人形に出来ていました。






たくさんの人形が飾られていたのですが、その中でも可愛いなぁ・・・と思う作品を写真に収めてきました。






この写真を見て癒される人がいるといいなぁと思います。






開催期間は3月23日までですので、皆さん出かけてみてはいかがですか?

場所は秋保温泉の案内所のとなりです。

簡単なブログになりましたが、今月も元気にがんばりましょう。

てづくりおひな様展は・・・・・・・・・・こちらのページから。  

Posted by えっちゃん at 09:08Comments(0)お楽しみ