2013年11月26日

ようやく『コンバイン』を洗いました。

最近は曇ったり晴れたり、突然雨になったり、変わりやすい天気の季節になりましたね。

夜なんか、冷え込んできて寒いですね。





そんな中、稲刈りをがんばってくれた『クボタコンバイン』を洗ってあげました。

日中は何とか天気も大丈夫でしたので良かったです。

まず、コンバインのフロントとサイドカバーをはずして、コンプレッサーによるエアガンホコリ飛ばし・・・・(背中がかゆくなります)

次に高圧洗浄機によるコンバイン洗いです・・・・・(これは泥が帰ってきて大変な作業です)

よく泥が落ちたら、雑巾(農協のタオル)でふき取りをします。




後は、精密農業機械ですのでよく乾燥をさせます。

乾燥したら、大切な場所にオイル(油)をさし、フロントとサイドのカバーを取り付け終了です。




作業開始からおおよそ5時間が経過しました。

でも一年に一度しかコンバインのカバーははずしませんので、どうなって取り付けされていたか元に戻すのに時間がかかりました。




今年もクボタコンバインお疲れ様でした。

冬の間にクボタ五十嵐商会に点検整備を出そうか検討中です。

  

Posted by えっちゃん at 11:58Comments(0)農作業

2013年11月20日

2年ぶりに研修会に参加しましたよ。

11月になってから寒さも増してきましたががんばっている稲作農家えっちゃんです。

この間、青葉区愛子で開催された『中山間地域農業研修会』に参加しました。

泉区福岡、上ノ原地区5名で参加しました。

宮城県主催の農業研修会は一年に一度開催されます。

宮城県の大半の市町村の方々が集まり盛大に行われました。




研修会の大半は講演です。

こんなことをすれば良いとか、あんなことをしてみれば、とかこれからの農業についてのお話しの講演でした。

午後1時から始まり午後4時頃には終わりました。

えっちゃん達のグループは30分ぐらいで家に帰れますが、県北や県南からの参加者は何時間もかけて帰りますので大変だと思います。

参加したみなさんお疲れ様でした。

これからもより良い農作物を作るため協力をしてがんばりましょうね。

でもえっちゃんは講演中少し寝ていました。

ごめんなさい。

来年も参加できるようにがんばりたいと思います。

今回同じ地区から参加した、庄司さん荒井さん早坂さんお疲れ様でした。

お互いがんばりましょうね。

稲作農家えっちゃんでした。
  

Posted by えっちゃん at 18:29Comments(0)農作業

2013年11月15日

今年も行ったよ『つるし雛飾り』・・・・・の巻。

寒さも増してきて、冬到来のこの時期ですがいかがお過ごしですか。

毎日がんばる稲作農家えっちゃんです。

今年も大和町宮床地区で開催された『つるし雛飾り』、もう何年も前から出かけていて今年も行ってみました。

今年は『花』を題にした飾り付けとの事でした。

場所は大和町宮床にある、旧伊達家住宅で行われていました。




日時は残念ながら、11月10日で終わってしまいました。

えっちゃんが訪れたのは11月10日少し前でした。

少し写真を撮ってきましたので観てください。





たくさんのつるし雛ですが、みなさん趣味を生かして毎日毎日少しずつ作ってきたそうです。





凄いですね。

とても綺麗でしたよ。

これが全部、布でできているとは思えませんよ。







無料見学が終わると、無料で桜の花を塩漬けした『桜茶』を出してくれました。

おもてなしをしているのは、つるし飾りを作っているグループの優しいお母さん達でしたよ。





さらにお漬物、どうもごちそうさまでした。

お茶飲み場には囲炉裏があり、温かさ2倍でした。

無料続きで、心と体がホカホカの稲作農家えっちゃんでした。

また来年も開催してくれることを祈っております。

  

Posted by えっちゃん at 20:31Comments(0)お楽しみ

2013年11月11日

実は、史上最大のパブリックビューイングに行ったのです。

仙台市内も寒くなってきていますが、泉区福岡はもっと寒くなってきました。

何しろ、泉ヶ岳が近いですからねぇ・・・・・・・。

隠していた訳ではなかったのですが、えっちゃんも史上最大のパブリックビューイングに行ったのでした。

野球の日本シリーズ第6戦目、田中将大投手が先発のあの日、クリネックススタジアムに出かけたのです。






最初、到着した時には少ない人数だったのですが、だんだん人の波がすごくなり新聞沙汰になってしまったのです。

クリネックススタジアムの外は溢れる寸前の人の見守る中、試合が始まりました。






寒さも一段と厳しくなっってきた時の事、頼みの田中将大投手が打たれてしまい、次の第7戦での勝負になりました。

途中ボルテージの上がった七回、クリネックススタジアムの外では恒例の風船飛ばしがありました。

えっちゃんも始めてみる、スタジアムでの外で行われた風船の数は球場内で見るのとあまり変わりありませんでした。





凄いものを見た瞬間でした。






この日の夕食は、スタジアムで販売していた星野仙一監督の特製お弁当を食べました。






お腹もいっぱいになり、考えた結果・・・・。





この人数での電車帰宅は・・・・・と考えた結果、恐ろしくなり8回途中でクリネックススタジアムを後にしました。

翌日の河北新報の新聞を見てビックリ!!!・・・・なんと11月2日の土曜日、日本シリーズの行われた第6戦、パブリックビューイングに来たファンの数だけでも1万人を超えていたそうで驚きました。

何しろ凄い人でしたからねぇ・・・・・。

でも途中でクラッチもスタジアムの外で開催のパブリックビューイングを見にきていましたよ。

その時の写真です。





帰り際に気づいたのですが、パブリックビューイングに入れない人も大勢いて警察官や警備員と喧嘩をしている人たちもいたのです。

新聞には、あまりの人で危険があったため入場制限をしていたそうです。

もう二度とない史上最大のパブリックビューイングはこうして幕をとじました。

次の日の日本シリーズ第7戦は、隣の陸上競技場を開放したそうです。

めでたし、めでたし、でも疲れましたが良い経験をさせてもらいました。

稲作農家えっちゃんの記録日記でした。

河北新報ニュースはこちらの方です。

http://www.kahoku.co.jp/spe/spe165/20131103_03.htm  

Posted by えっちゃん at 18:28Comments(0)お楽しみ

2013年11月07日

鷲倉神社で例大祭がありました。

今年も一年の締めくくり、我が泉区福岡地区の総鎮守『 鷲倉神社 』の例大祭がありました。

地元の方々は『わしのくら神社』と呼んでいます。






昨年から泉区福岡、上ノ原地区の鷲倉神社『若者頭』を務める稲作農家えっちゃんです。

鷲倉神社は山の中のひっそりとした場所にあり、あまり世間の方には知られていないのが良いところです。

今年も例大祭に参加しましたよ。

11月3日午前8時過ぎ・・・・・役員、各地区の若者頭が集まりお祭り準備を行いました。

若者頭を務める方は、早速神社の中の拝殿やら本殿の大掃除から始まります。

一年も掃除をしていないとかなりのホコリや枯葉、また虫などもたくさん集まっていて汚れていますので、2時間近くかかっての大掃除をしました。

太陽も高く昇る頃に例大祭は始まります。

今年は東日本大震災で壊れた部分も修復が終わり、気持ちを新たにした例大祭になりました。






今年の例大祭は2度目と言うこともあり、余裕を持って楽しめました。

神社の宮司による御祓いが終わり、地元泉区福岡地区に伝わる伝統芸能『鹿踊り』の奉納も行われ、大勢の人でにぎわいました。






お昼までには例大祭のすべてが終わり、お昼からは神社の宮司さん達と食事を一緒にして解散しました。

次の日からは氏子の方々の家々を回り、神社の御札配りをしていました。

我が福岡上ノ原地区は氏子の方々が多いので大変疲れました。

今年も鷲倉神社のパワーをもらい、元気はつらつガンバっています。

もし泉区福岡に来たら是非『 鷲倉神社 』に立ち寄ってみてはいかがですか。

きっと良いことがあると思いますよ。

今年も神社の大掃除に汗を流した稲作農家えっちゃんでした。

今回も若者頭として参加しましたよ。




  

Posted by えっちゃん at 13:50Comments(0)お楽しみ